たるみやシワを予防するには保湿が大事

たるみやシワを予防するには保湿が大事

アラサーになると鏡を見るたびにシワが増えたり、ほうれい線が目立ってきたりしてがっくりすることがあります。

 

そうした肌の老化は乾燥が大半の原因なので、乾燥しないように高保湿な基礎化粧品でスキンケアをすることが大事です。

乾燥した肌はたるみやシワを招く

肌の乾燥はたるみ、シワなどの原因になります。歳を重ねるとヒアルロン酸やコラーゲンなどの潤い成分が少なくなり、だんだん乾燥しやすくなります。

 

それがシワやほうれい線を招く大きな原因です。10代の頃の肌と30代の肌とではまったく異なります。3

 

0代になっても若い頃と同じようなスキンケアを続けていると、肌が栄養不足になり、乾燥しやすくなるので注意が必要です。

 

30代になったら、年齢を重ねた肌にふさわしい化粧品を使うことが大切です。

 

毎日のスキンケアで乾燥をしにくい肌質に改善することで、たるみ、シワなどの予防に繋がります。

大人の女性向けの基礎化粧品の役割

スキンケアは洗顔から始まり、化粧水、美容液、乳液という順番で基礎化粧品をつけていくのが基本です。

 

必要に応じてアイクリームをプラスすると目元のシワ対策に効果的です。基本的に肌を潤し、乾燥を予防するためにスキンケアをします。また、化粧ノリの良いきめ細かい肌を作る働きもあります。

 

30代以降の大人の女性向けの基礎化粧品には、保湿成分がたっぷり配合されていて、潤いが不足した肌に浸透します。

 

スキンケアで保湿をして肌の潤いがアップすれば、乾燥に強い肌質になり、気になるたるみやシワ、くすみやシミなどの予防ができます。

高分子と低分子、どちらが良いか

基礎化粧品に配合されているヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの保湿成分には、高分子タイプと低分子タイプがあります。

 

高分子タイプは、肌に浸透しにくいですが、保湿効果が長持ちするのがメリットです。

 

低分子タイプは素早く肌に吸収され、角質層の奥まで届いてしっかり潤いを与えます。

 

ただし、保湿効果が長持ちしないのが低分子の特徴です。高分子と低分子、どちらにもメリット・デメリットがあるので、両方とも配合されている基礎化粧品がおすすめです。

 

そうすればお互いのマイナス部分をカバーし合い、即効性と持続性が高まります。

まとめ

30代以降になったら大人向けの基礎化粧品でしっかり保湿するのがおすすめです。

 

保湿効果が高い基礎化粧品を利用してスキンケアをすれば、肌に不足した潤いが回復し、弾力、ハリ、ツヤのある若々しい美肌になります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

加齢による肌のシワの原因と対策を知っておきましょう
肌の気になるシワ なくしたいときの対策
老け肌の原因となるシワの予防方法
ファンデーションでは隠せないシワを改善するセルフケア
シワを確実に薄くしたい!効果的なスキンケア方法とは?
シワの改善のために助けとなる美容成分を凝縮した美容液でのケアを
気になるシワは予防とマッサージで増やさず薄くする
シワ対策のためにはクリームを使おう!
人気ランキングから選ぶ40代のシワに効く化粧品
お肌の悩みがシワなら化粧品で解決するとは
しわを効果的に予防する洗顔方法
50代になっても良質のアンチエイジング化粧品でシワ解消
目尻のシワを改善したい人にアドバイスしました
シワ解消の時短テクの定番、即効性重視で化粧品を選ぶなら
シワに効く有効的な食事内容とは
シワ を消すために助けになる化粧品の成分
シワを伸ばしたいときに助けになる化粧品
シワは隠すと考えるのではなく化粧品で目立たなくすると考えよう
口元のシワが気になる人は化粧品で対策する
乾燥対策だけではいけなかった。シワ対策のための化粧品の選び方
眉間のシワを改善したいなら化粧品選びと癖の見直しが大切です
シワ対策や美白に効果がある化粧品とは
シワが気にならずきれいなおでこを目指すために知っておきたい化粧品の知識
シワ対策には効果的な化粧品でお手入れをして毛穴レスな素肌に