口元のシワが気になる人は化粧品で対策する

口元のシワが気になる人は化粧品で対策する

30代になったら急に口元のシワが目立つようになったという方は多いですが、これは加齢や紫外線が原因なので化粧品で対策するようにしてください

 

。自分に合ったものを使えば、徐々につるりとしたなめらかな肌に近づいていくので、鏡を見ても気にならなくなります。

UV対策用化粧品で紫外線から肌を守る

口元に出来るシワは加齢によるものですが、年齢が同じでもくっきり目立つ人もいれば、そうでない人もいます。

 

この肌老化の差は紫外線を浴びた量がかかわっているので、普段から対策していれば、若々しい肌の状態をキープできます。

 

暑い夏は特に紫外線が強いので、日常生活ではSPF20、PA+、海や山などにレジャーに行くときはSPF50、PA+++ほどの強さのUV対策用化粧品を使用するようにしてください。

 

SPF値が高いものを使うとそこで安心しがちですが、効果が切れると意味がないので、こまめに塗り直さなければなりません。汗や水に強いタイプでなければ、2、3時間おきに塗り直すことをおすすめします。

シワが浅い場合は乾燥しないように気を付ける

表皮にある角質層の水分量が減ると、お肌が乾燥するので、表情を作るたびに口元に浅いシワが出来やすくなります。

 

空気が乾燥している冬や春先、エアコンのきいた部屋で長く過ごしがちな夏はより悪化しやすいので、保湿成分を配合した化粧品で肌の潤いをキープするようにしてください。

 

肌の細胞間脂質はほぼセラミドで構成されていますが、加齢により減少しがちになるので、セラミド配合のローションや美容液でケアすると良いでしょう。

 

ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸なども保湿効果が高いので、かさつきを改善したいときは、これらの成分を含んだ商品を使うようにしましょう。

シワが深い場合はコラーゲンを増やすためのケアを行う

表情を作らなくても出来るほどシワがくっきりしている場合は、ただ単に保湿だけでは対策することが出来ません。

 

このような深いシワは真皮ジワと呼ばれていて、加齢や紫外線により、真皮の大部分を占め、肌にハリを与える役割を持つコラーゲンやエラスチンが大幅に減少したのが原因です。

 

それならコラーゲンやエラスチン配合の化粧品を使って補えばよいと考えがちですが、これらの成分は分子として大きすぎるので、肌の奥の真皮までは浸透しないことがわかっています。

 

真皮までしっかり届けたいときは、コラーゲンを増やす成分を配合した化粧品が有効です。APPSやリン酸アスコルビルなどのビタミンC誘導体や、成長因子(グロースファクター)、ビタミンAの一種のレチノールなどを含んだ化粧品がおすすめです。

まとめ

口元に出来るシワは加齢や紫外線によるものなので、外出時はUV対策用化粧品で紫外線から肌を守るようにしてください。

 

シワが浅い場合はセラミドなどの保湿成分を配合した化粧品を使いましょう。

 

シワが深い場合はビタミンC誘導体や成長因子、レチノールなどのコラーゲンを増やす成分を配合した化粧品がおすすめです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

加齢による肌のシワの原因と対策を知っておきましょう
肌の気になるシワ なくしたいときの対策
老け肌の原因となるシワの予防方法
ファンデーションでは隠せないシワを改善するセルフケア
シワを確実に薄くしたい!効果的なスキンケア方法とは?
シワの改善のために助けとなる美容成分を凝縮した美容液でのケアを
気になるシワは予防とマッサージで増やさず薄くする
シワ対策のためにはクリームを使おう!
人気ランキングから選ぶ40代のシワに効く化粧品
たるみやシワを予防するには保湿が大事
お肌の悩みがシワなら化粧品で解決するとは
しわを効果的に予防する洗顔方法
50代になっても良質のアンチエイジング化粧品でシワ解消
目尻のシワを改善したい人にアドバイスしました
シワ解消の時短テクの定番、即効性重視で化粧品を選ぶなら
シワに効く有効的な食事内容とは
シワ を消すために助けになる化粧品の成分
シワを伸ばしたいときに助けになる化粧品
シワは隠すと考えるのではなく化粧品で目立たなくすると考えよう
乾燥対策だけではいけなかった。シワ対策のための化粧品の選び方
眉間のシワを改善したいなら化粧品選びと癖の見直しが大切です
シワ対策や美白に効果がある化粧品とは
シワが気にならずきれいなおでこを目指すために知っておきたい化粧品の知識
シワ対策には効果的な化粧品でお手入れをして毛穴レスな素肌に