老け肌の原因となるシワの予防方法

老け肌の原因となるシワの予防方法

顔にシワが出来てしまうと実際の年齢より、老けてみられる引き金となります。ですが何故出来るのか原因を知っておけば、予防する事も可能です。

 

老け顔を引き起こす要因をチェックしておく事こそ、若々しさをキープする秘訣と言えるでしょう。

乾燥が引き金となって小じわが出来る

記事のイメージ画像

美肌の基本は保湿ケアと言われています。化粧水などで十分に保湿すると、キメやツヤ感が整うと言われています。

 

実は乾燥を引き起こすと、小じわが出来やすいと言われているのをご存じでしょうか。特に目尻や目の下など皮膚が薄く、乾燥する部分に小じわは出来やすいという特徴があります。

 

乾燥する事によって、いわゆる「ちりめんジワ」と言われるような、細かいシワが出来やすくなるのです。

 

小じわはしっかり保湿ケアする事が予防に必要不可欠です。

 

化粧水で保湿をするというだけでなく、小じわができやすい目の周りは専用のアイクリームを使い、スペシャルケアを行いましょう。

クセが肌年齢を上げてしまう要因に

おでこや眉間、またほうれい線といったシワは、溝が深くなるのが特徴的です。このようなシワは表情や仕草のクセによって、出来やすくなると言われています。おでこや眉間を寄せてしまうクセがあると、皮膚が折りたたまれクッキリとしたシワが入りやすくなります。

 

また頬杖をつくクセがある場合、手をつく方の頬に圧力がかかり結果、ほうれい線が出来やすくなるのです。

 

クセが原因となって出来るケースは、クセを出来るだけ治すという事が予防に繋がります。

 

クセはなかなか治す事が難しいですが、出来るだけ意識してシワを寄せないように注意しましょう。

紫外線対策も予防に重要なケアの1つ

シワを予防するには紫外線対策も重要なケアの1つです。紫外線を浴びると肌に大きなダメージが加わり、真皮層という層にあるコラーゲンが変形してしまいます。

 

コラーゲンは肌にハリや弾力を与える物質なので、このコラーゲンの形が変わってしまうと、ハリ感が失われ結果シワとなってしまうのです。

 

ですので、毎日紫外線対策をするという事が予防として欠かせません。日焼け止めを塗る・帽子をかぶる・日傘をさすなどして紫外線のダメージから守りましょう。

 

生活紫外線から守るにはSPF30・PA+++程度の日焼け止めでも、十分に効果を得られます。

まとめ

シワが出来てしまう原因は1つではありません。

 

同時に予防法も原因に合わせて、変える必要があります。

 

シワの原因をチェックし適切な予防法を行う事が、効率的な対策に繋がるのです。予防をすれば年齢に負けない美肌をキープ出来るでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

加齢による肌のシワの原因と対策を知っておきましょう
肌の気になるシワ なくしたいときの対策
ファンデーションでは隠せないシワを改善するセルフケア
シワを確実に薄くしたい!効果的なスキンケア方法とは?
シワの改善のために助けとなる美容成分を凝縮した美容液でのケアを
気になるシワは予防とマッサージで増やさず薄くする
シワ対策のためにはクリームを使おう!
人気ランキングから選ぶ40代のシワに効く化粧品
たるみやシワを予防するには保湿が大事
お肌の悩みがシワなら化粧品で解決するとは
しわを効果的に予防する洗顔方法
50代になっても良質のアンチエイジング化粧品でシワ解消
目尻のシワを改善したい人にアドバイスしました
シワ解消の時短テクの定番、即効性重視で化粧品を選ぶなら
シワに効く有効的な食事内容とは
シワ を消すために助けになる化粧品の成分
シワを伸ばしたいときに助けになる化粧品
シワは隠すと考えるのではなく化粧品で目立たなくすると考えよう
口元のシワが気になる人は化粧品で対策する
乾燥対策だけではいけなかった。シワ対策のための化粧品の選び方
眉間のシワを改善したいなら化粧品選びと癖の見直しが大切です
シワ対策や美白に効果がある化粧品とは
シワが気にならずきれいなおでこを目指すために知っておきたい化粧品の知識
シワ対策には効果的な化粧品でお手入れをして毛穴レスな素肌に